バーベキューの肉おすすめ部位7選♪ - 大阪で手ぶらレンタルバーベキューならアップグリル

手ぶらで本格バーベキュー BBQレンタルするなら大阪のアップグリル

コラム

お役立ちBBQコラム

バーベキューの肉おすすめ部位7選♪

美味しいグルメリポーター

最終更新日:2023/07/13

バーベキューの主役といえば、やはり肉ですよね。
皆さんはどのような肉をバーベキューで焼いたりしていますか?

この記事ではバーベキューするならこの部位がオススメという肉の部位を紹介していきます。

また、お肉だけでは飽きてしまうので、アレンジレシピもご紹介します!

バーベキューの肉はやっぱり牛!おすすめ部位

サーロイン部位

バーベキューの肉で一番定番なお肉は牛肉ですよね。

牛肉といっても部位によって脂の量や肉質は大きく違ってきます。牛肉の中でおすすめな部位についていくつか紹介していきます。

サーロイン

柔らかく、背中の部分になります。主にステーキのときに使用される肉ですが、バーベキューのときにも適しています。

理由としては、繊維の方向が一定になっているので、切るときも簡単に切ることができ、初心者が焼いて食ても美味しくいただくことができます。

また、サーロインは霜が入りやすいような部位なので肉によっては、脂が多くなってしまいますが霜の量さえみれば脂の加減を見極めることができるのでおすすめです。

リブロース

サーロインと似たような肉になります。肩ロースとサーロインの間に肉です。

牛肉ではもっとも分厚い部分になるので厚い肉が食べたいときはバーベキューでもおすすめです。

こちらも、繊維が一定方向なので初心者でも扱いやすいですし、切るのも簡単なのでおすすめです。

タン

バーベキューの肉の中でも最も人気のある部位です。
タンといっても、3つの部位に分かれているので肉質の柔らかい部位がいいのであれば、クラウンカットかタン元を選んだほうがいいでしょう。

炭火で焼いても美味しく焼けるのではないでしょうか。

ヒレ

サーロインの中の部分がヒレになります。牛肉の中で最も柔らかい部分になります。
脂肪もあまりないので、ヘルシーに食べることができます。

しかし、火を通しすぎてしまうと固くなってしまうのでバーベキューで焼くときは慣れている人が焼いたほうがおいしくできるでしょう。

<

肩ロース

その名の通り、肩にある肉になります。筋があったりもしますが、柔らかいです。

火を通しすぎてしまうと固くなってしまうので、火加減が難しいという人は薄く切ってから焼いたほうがいいでしょう。

これらはバーベキューをするときにおすすめな牛の部位になります。

自分の好みによって部位を変えると色々と楽しむことができるのではないでしょうか。

安定の豚肉!おすすめ部位

豚ヒレ肉

豚も様々な部位があります。豚肉は牛肉よりも脂が多いのが特徴的です。

そんな、豚肉のバーベキューでおすすめの部位について紹介していきます。

豚ロース

背中の筋肉の部分になっています。ほどよい脂がのっているのが特徴的です。

豚肉の中では最も人気のある部位といっても過言ではありません。
しかし、赤身の部分はどうしてもパサついてしまうので工夫して焼くことが必要になります。

豚スペアリブ

スペアリブはバーベキューの定番ですね。

濃厚な味なので満足感が得られます。
また、長時間加熱してもパサつかないので時間をかけて焼いても美味しくいただくことができます。

豚肩ロース

肉質的にはロースに似ています。

しかし、赤身にも程よく脂がのっているのでコクがあるような肉になっています。
ロースよりもどうしても筋がはいってしまっているので、筋切りをするとおいしくいただくことができます。

豚ヒレ肉

豚ロースの内側にある肉になります。豚肉の中で最も柔らかい部位になります。

バーベキューに使われるのが少ないように思われている部位ですが、実際は柔らかくてジューシーなので食べやすくなっているので炭火焼きなどがおすすめです。

このように豚部位によっては脂ののりも違ってきます。なので、柔らかいものが好きな人は豚ヒレを。 骨付きがいい人はスペアリブを選ぶといいでしょう。

みんな大好き鶏肉!おすすめ部位

バーベキューインチキン

鶏肉は一番ヘルシーで女性にも人気があります。

そんな鶏肉のバーベキューの時のオススメ部位について紹介していきます。

鶏もも

脂身も程よくあり、パサつきにくいので最もおすすめな部位になります。

子供でも食べやすいのでこれをバーベキューに持っていけば間違いないです。

鶏むね

鶏胸肉はヘルシーな部位になります。
どうしてもパサつきやすくなってしまいますが、ホイルに包んで焼けば美味しく焼くことができます。

鶏ハート

柔らかく、焼き鳥といえばこれ!というような部位です。

串にさして焼き鳥としてもバーベキューで楽しむことができます。

このように鶏肉は部位が少ないですが、子供も大人も美味しく食べることができる部位ばかりなのでおすすめです。

お肉の味付けをアレンジして楽しもう

バジルチキン

バーベキューはオリジナリティーがあるほうがより楽しむことができます。おすすめのアレンジをご紹介します。

  • バター&にんにくで味の変化!
  • バターにみじん切りにしたニンニクを混ぜ、お肉に塗り込みます。バーベキュー中にバターが溶けて香ばしく焼けるため、風味豊かな味わいを楽しめます。

  • スパイシーマリネ
  • 唐辛子やパプリカ、シナモン、クミンなどのスパイスを使用したマリネ液でお肉を漬け込みます。数時間おくことで、スパイシーでコクのある味わいが広がります。

  • ハーブソルト
  • ローズマリーやタイム、オレガノなどのハーブと塩を混ぜ合わせたソルトを使用します。お肉にまんべんなくふりかけることで、爽やかでアロマティックな風味が引き立ちます。

  • フルーティソース
  • マンゴーやパイナップル、レモンなどのフルーツを使ったソースを作ります。お肉に添えて食べることで、甘酸っぱさやフレッシュな風味がアクセントになります。

  • アジアンスタイルのマリネ
  • しょうゆ、みりん、ごま油、にんにく、しょうが、ごまなどを使ったアジアンテイストのマリネ液でお肉を漬け込みます。独特な風味とコクが加わり、食欲をそそります。

    このようにバーベキューをする前の日にでも少し下準備をしてソースを作ったり、肉を漬け込んでおくことで一味ちがったお肉を楽しむことができます。

バーベキューで用意するお肉の適切な分量は?

肉の準備

バーベキューでお肉が余ってしまったなんてことはありませんか。
そんなときに参考になる適切な分量について紹介していきます。

<男性の場合>

300gが平均的です。

若い男性なら+100g、お肉よりもビールが好きな人は-100gぐらいがちょうどいいでしょう。

<女性の場合>

平均的なのは200gぐらいでしょう。

<子供>

中学生以上は200g~300g。

小学生なら200g。

このようにだいたい平均的な数値を覚えておけば準備するときに大変便利です。

適切な量の肉を準備して楽しいバーベキューにしましょう。

2022年アップグリル最新情報

お役立ちBBQコラム

各種プラン

期間限定レンタルプラン

パッケージレンタルプラン

その他プラン

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れご利用の流れ

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れStep1_ご注文・お問い合わせ

ご注文・お問い合わせ

お客様

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れStep2_現地まで配送

現地まで配送

アップグリル

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れStep3_機材などを設置

機材などを設置

アップグリル

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れStep4_BBQスタート

BBQスタート

お客様

大阪西中島のバーベキューレンタル店アップグリルの利用の流れStep5_掃除・撤収作業

掃除・撤収作業

アップグリル

ページトップへ